日記

モモ会

ミヒャエル・エンデの 「モモ」。

 

あることがきっかけで、児童書であるこの「モモ」を

読んだ。

 

今、このタイミングで

この本に出会ったのは、

絶対に意味があるんだ!と思ってしまった。

 

生きて行くこと。

自分らしくいること。

そして、時間とは?

 

そんなことを、ものすごく

 「ああ、そうだよね。。。」と思わせてくれる。

 

ここには書ききれない思いがいっぱいありすぎて、

その思いを友人にぶつけた。

 

そしたら、

「じゃあ、会を作っちゃえばいいじゃん!」

ってことになり、

即座に発足したのが

 「モモ会」。

 

そんなわけで、

作ってしまいました。

 

文章では説明しきれず、

会う人に、思わず熱く語ってしまうのですが、

それで同意してくれる人が

ちょっとずつ増えてきて。。。

 

 今後がとっても

 楽しみです。

コメント(0)

三方によし

「三方によし」

という考え方を知りました。

江戸時代の近江商人の知恵だそうです。

 

売り手によし

買い手によし

世間によし

 

これはきっと、

どんなことにも当てはまるし、

この考えで物事をすすめることは、

誰もが HAPPY になるということ。

 

今自分が考えていることと

あまりにぴったりと当てはまったので、

これをどう実践していったらよいのか、

それを知って、

そして動くことがいいんだ!

ってところにやってきました。

 

そのために重要なことは、

「相手の幸せを考えた行動をすること」。

 

それを端的に言い表しているのが、

仏教から来ている考え方で、

 

  思いやりの4つのこころ  

   「四無量心 ~ しむりょうしん ~」

 

  他者への利益6行為

   「六波羅蜜 ~ ろくはらみつ ~」

 

 そしてこれらと同じ行為につながり

 自分自身の成長にもなる

  正しい8つの実践の方法

   「八正道 ~ はっしょうどう ~」

 

 ひとつひとつをよ~くみていくと、

 今自分がしたいことをしていくための

 こころの持ちようと

 実践の方法が

 凝縮しているものでした。

 

 こういうことが

 ちゃんと自分の前に現れるということは、

 自分がやろうと思っていることは

 間違っていないってことなんだ!

 と自分に言い聞かせ、

 あとは日々、実践あるのみだな。。。

             

              そう思うのです。

コメント(0)

また涙。。。

ごくたまに、なぜだか涙があふれ出し、

止まらなくなることがあります。

 

それは、絵本を読んだ時、

というか、その絵本の最初の言葉を見た瞬間

というのが正しいかもしれません。

 

以前、「ぶたばあちゃん」という絵本を読んだ時、

そうなってしまいました。

 

そして今回は、

今更ながらなのですが、

「犬と私10の約束」 の映画の元になった

「いぬとわたしの10のやくそく」 という

絵本です。

 

映画が封切りされた当時、

読んでいたはずでした。

 

でも、その時の印象がまるでなく、

つい先日、娘に

「これ読んで」と持ってこられて、

ああ、こんな本あったな~と思いながら

開いたのです。

 

そしてたら、

最初の1文を見た瞬間から、

なぜだか涙が止まらなくなって。。。

 

「ぶたばあちゃん」の時と同じ状況です。

 

この2冊には、改めてみてみると

共通するものがありました。

人の「死」という現象を通じて、

伝えていることなのです。

 

決して悲しいわけでなく、

最初の1文を読んだ瞬間に、

次に何がくるのかがわかるような、

だから涙があふれる、

そんな感じでした。

 

こころを洗いたい時、

きっとまた

読みたくなるかな。。。

コメント(0)

こころざし 

今、とっても自分の中でやりたいことがあります。

 

そのことを友人に話したら、

「もっともっと、妄想したらいいよ!」

と後押ししてくれました。

 

というわけで、

ただいま妄想中。

 

いろんなことが

自分の中で繋がり始め、

自分がやることが何なのか、

だんだんと

自分の中だけでなく

いろいろな状況によって

その方向に導かれている

そんな感覚です。

 

あれこれと

いろんなことを思い描き、

きっとそのタイミングに

きっと何かが起こるんだろうと思います。

 

そんなとき、

 「立志照遇 ~ りっししょうぐう~」

という言葉に会いました。

 

  志をたてて、自分のいる場所を照らす

  言いかえれば、その場に無くてはならない人になること。

  もっとも身近で、自分のいる場所とは、

  自分という場に他ならない。

 

そんな言葉とともに書かれました。

 

まずは自分自身を照らすこと。

そしたらきっと、

周りも照らすことができる。

 

さらに、志を持つことで、

持っているものを

それが自分のためでなく、

人によろこばれることに使う。

 

そんなわけで、

さらに妄想は続きます、きっと。

もうちょっと具現化してきたら、

というか、

具現化させるために、

きっとこの場に

書いていくことになるんだろうな~。

コメント(2)

場の空気感

昨日、名古屋市立西山台幼稚園で、

PTAのお母様たち対象に

セルフリフレクソロジー講座を

させていただきました。

 

役員の方達と

何度も打ち合わせを重ね、

みんなで作り上げた講座でした。

 

参加者、なんと98名。

これは、私にとって驚くべき人数でした。

 

通常、na・go・miで行っている

セルフリフレクソロジー講座では、

ご本人にお好きな精油を選んでいただき、

そしてブレンドしたオイルを使って

リフレをしていきます。

 

しかし今回は、もともと50名以上には

なると思うというお話でしたので、

とても無理だなと思っていました。

 

なので、役員の方達と、

4種類のブレンドを決めて、

事前にそれを持ち帰っていただき、

参加を希望される方達に

どのブレンドがいいか

選んでいただきました。

 

そして、その数を教えていただき

私が事前に作って持っていくということに。

 

その結果、98本!

 

きっと、精油の香りに

みなさん心が動いたのかななんて思いつつ、

頑張っていらっしゃった

役員さんたちの

活躍の結果だろうなと思っています。

 

そして昨日、

幼稚園の遊戯室に、

その人数が集まり、

講座をしました。

 

これぞ場の空気を味わう!

そんな感じでした。

 

いままでと違い、

一番遠くの方には

マイクで声をかけなければ届かない。

 

そんな場所でどうやるか、

私自身が

座りこむことはとうていできないので、

立ったまま説明をしつつ、

いろいろなところから

漏れ聞こえてくる声を頼りに

「今の、分かったかな。」とか

「あ、伝わらなかったかな」とその都度様子をみつつ

あっと言う間の2時間を過ごさせていただきました。

 

みなさんの反応がとてもよく伝わり、

コミュニケーションをとりながらやっているという

自分自身も本当に楽しめた講座でした。

 

終わった時に、

「みなさん、トイレに行って、やっぱり濃かった~って言ってましたよ」

 (注:詳しくは書きませんが・・・(笑))

とか、

「左足が終わった時、左右の差に愕然としてました。」

とか、

「私の足、細くなりました!これが本当の太さ!」

などなど、

人数が多い分、いろいろなコメントを聞かせていただけて

本当に私にとってもありがたい時間でした。

 

 西山台幼稚園のみなさん、本当にありがとうございました。

 

コメント(2)

Page 5 of 12« First...«34567»10...Last »
リフレクソロジースクール・なごみ トップページへ