昨日は、むくみのしくみについての

勉強会を実施しました。

もともと、私がいろいろな方に、いろいろな場所で、

むくみについてお話をしていましたが、

ある時、それを聞いた方から、

「その説明だと、病気からむくみになっている人にとっては、

もしかしたら、よりひどくしてしまうことがあるかも知れませんよ」

と、ご指摘を受けました。
 
 
その方は、名刺とともに、とても優しく私に伝えてくださったのですが、

その名刺には 「○ ○ 大学 医学博士  ◎ ◎ ◎ ◎」 

と書かれていました。

既に60歳を超えられた方で

それでも現役で勉強を続けられてらっしゃる、

とっても素敵な方でした。
 

その方の言葉がずっと残っており、

その後、いろいろとむくみについて

調べてきました。
 

そんな私の経験から、

私たちセラピストが、セラピストとしてできる範疇で、

「持っていたらよい知識」 という意味で、

むくみの成り立ちや、実際に体がどういうしくみになっているか、

そのうえで、病気の場合と、一時的なむくみの違いなどを

みなさんに知っていただけたらと思い、

このテーマでの勉強会を実施しました。
 

むくみに限らずですが、どんな現象にも、

必ずその根本原因があります。

そこを見て行くことで、

必ず、その場合、その場合で、

対応が変わってくると思うのです。

 
私たちが真のセラピストであるために、

その、大元の部分をしっかり見ていけるよう、

努力を続けて行こうと思います。

  

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントをどうぞ

※頂いたコメントは、承認後に表示されます。あらかじめご了承願います。